rule

業界をリードする

セキュリティ

人々が関心を寄せる取引には、業界をリードする厳重な保護が必要です。 Venue のプラットフォームはトップレベルの技術を搭載しているほか、これらの技術を用いてテスト済みのため、許可のない人物が物理的または電子的に文書を閲覧するリスクに対し、信頼性の高い安全な保護を提供します。

ユーザーのセキュリティ

閲覧者に対し許可を設定

文書を閲覧、印刷、保存できる人物を簡単に管理できます。 また、Venue プラットフォームには画面印刷操作を防止する保護ソフトウェアが搭載されており、文書にはユーザーの ID とアクセス時間のウォーターマークが挿入され、ユーザーが文書をデスクトップにダウンロードした後でもその文書に対する権利を剥奪できます。

システムのセキュリティ

256 ビット暗号化

メッセージや文書をブラウザからウェブ ブラウザ (またはその逆) に転送する場合、その内容を非表示にする、または「暗号化」することで、エンド ユーザーによるデータの復元や解読を防止できます。

SSL および TLS

ウェブ サーバーとブラウザ間に暗号化されたリンクを確立するための標準セキュリティ技術。

Venueはまた、HIPAAとCFR Title 21.Part11規則を遵守するために必要なすべてのコントロールも備えています。

インフラストラクチャ セキュリティ

AT 101-適合

自社以外の組織または事業体の重要な財務報告を処理する、またはこれらの財務報告に影響を及ぼすすべてのサービス組織を対象とした職業基準の監査によりテスト済み。

年次ハッキング テスト

最新のハッキング技術に対し常に先手を打つため、毎年テストを実施しています。